プロのベビーシッター・病児保育の会社を検索して一括見積もりできる
ベビーシッター会社を決めるまでの手順

都市部には様々なベビーシッター会社、ベビーシッターサービスがあります。料金体系もバラバラで、どの会社にするか迷いますよね。この記事では、実際にベビーシッター会社を決めるまでの手順、気をつけるべきポイントについて確認してみたいと思います。

1.まとめて情報を集める

ベビーシッターサービスの料金体系はやや複雑です。忙しい共働き家庭で、各社の情報を入念に調べて比較するのはかなり大変だと思います。比較事項としては
a.価格
b.サービス内容
c.対応のスピード感
といったものがあると思います。価格1つとってみても、1時間あたりの料金に差があるばかりでなく、入会費や年会費、時間外の割増料金、時間外の定義も異なってきますから、思っている以上に複雑です。
よって、バラバラと情報を集めるよりも、一気に収集してしまうことをおすすめします。10社だと多すぎて比較しきれませんから、だいたい5社ぐらいに絞って、ぱっと気になったものの情報を集めれば十分でしょう。

本サイトではお住まいの市区町村を入力するだけで、そのエリアでサービスを提供している会社を一覧で出し、対応している会社については資料請求も受け付けています。情報収集に活用してみてください。

2.価格とサービス品質のバランス
必ずしも値段とサービス品質が比例するわけではありませんが、安ければ良いというわけではないことに、注意が必要でしょう。サービスの価格は、シッターの研修にかける費用や、シッター体制の手厚さにつながります。あまりコストを絞りすぎると、シッターの教育時間が短くなったり、体制に余裕がないために急な依頼に対応できなかったりすることもあります。ただし、各家庭でご予算がありますから、毎月どれぐらいの費用まで使うかどうか、予算は大まかに決めておいたほうが良いかもしれません。たとえば、1時間2,200円(税別)のシッターサービスを毎月2回、3時間ずつ使えば
2,000円✕3時間✕2回✕消費税1.08+シッター交通費 がかかってきますから、だいたい月間で15,000円ぐらいかかります。
少し利用をためらう金額かもしれませんが、月2回はお迎えの時間を気にせず、帰宅したら簡単な掃除もあわせて終了している・・・なんて生活も可能です。

3.対応のスピード

忙しい共働き過程にとって、シッターの訪問日時の調整がスムーズに行えるかどうかは重要なポイントです。メールやウェブサイトからシンプルに予約ができるかどうか、そもそも「予約が埋まっていて受付できない」なんてことが無いかどうか、確認が必要でしょう。たとえば、はじめてのビジター利用のときに、調整にあまりに手間取るようであれば、他のサービスを検討したほうが良いでしょう。また、会社によってはLINEで調整できるところもあります。ちょっとしたことですが、メールよりも手間がかかりませんから、共働き過程にとってはうれしいですよね。

4.まずはビジター利用から
多くの会社は会員プランとビジタープランがあります。会員プランは入会費や年会費など固定の費用を支払うかわりに、時間あたりの料金が安くなったり、急な依頼に対応してくれるようになったりします。毎月2回ぐらいご利用される方であれば、会員になったほうが合理的でしょう。
しかし、はじめの1回についてはビジター利用をおすすめします。ベビーシッターサービス自体に馴染みがなく、かつその会社がどのようなサービスを提供しているのか、対応の良し悪しなどもわかっていない状態ですから、短い時間でよいのでビジターで利用して、良ければ会員になるという手順を踏んだほうがよいでしょう。最短利用時間は多くの会社が2時間か3時間としています。まずは夕方のお迎えを任せてみたり、土日にお任せして少し羽根を伸ばしてみてはいかがでしょう。

5.定期的な利用が見込まれれば会員に

ビジター利用していて、どうやら便利だし生活も快適になるということであれば、会員になりましょう。ビジター利用からはじめて、最初は月2回ぐらい、だんだんと便利さに慣れてきて回数が増えてくるという方が多いようです。シッターはできるだけ同じ方にお願いされたほうがお子さまも慣れやすくてよいでしょうから、早めに依頼する日を決めておくとよいでしょう。ベビーシッターの利用自体に慣れてきたら、オプションで簡単な家事をお願いしたり、急な依頼に対応してもらったりということも、しやすくなってくるでしょう。そうすれば、サービスの活用の幅も広がってきますから、ますます便利になっていきますよ。

ベビーシッターについてもう少し詳しく知る

ベビーシッターとは? keyboard_arrow_right ベビーシッターはどんな状況で使われるの? keyboard_arrow_right ベビーシッターは当日、明日など急な依頼も可能なの? keyboard_arrow_right ベビーシッターは病児も対応できるの? keyboard_arrow_right ベビーシッターには家事も同時にお願いできるの? keyboard_arrow_right ベビーシッターの利用には割引制度があるの? keyboard_arrow_right キッズラインなどのベビーシッターマッチングサイトとの違いは? keyboard_arrow_right ベビーシッターサービスの利用手順は? keyboard_arrow_right ベビーシッターの利用には助成制度があるの? keyboard_arrow_right ベビーシッター会社を決めるまでの手順 keyboard_arrow_right 渋谷区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 千代田区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 足立区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 文京区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 文京区のベビーシッター割引補助制度についてまとめ keyboard_arrow_right 北区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 台東区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 調布市のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 調布市のシングルマザー向けの病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 豊島区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 港区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 新宿区のベビーシッター・産後ケアの助成についてまとめ keyboard_arrow_right 港区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 中央区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 新宿区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 文京区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 墨田区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 品川区の一時保育・病児・病後児保育・こどもショートステイ・ファミリー・サポート事業まとめ keyboard_arrow_right 目黒区の一時保育・緊急一時保育・病後児保育事業まとめ keyboard_arrow_right 大田区の一時預かり事業、緊急保育室・緊急一時保育、病児・病後児保育、ショートステイ・トワイライトステイ・休日デイサービス事業まとめ keyboard_arrow_right 世田谷区の緊急保育、一時保育、休日・年末保育、24時間対応型一時保育、病児・病後児保育まとめ keyboard_arrow_right 渋谷区の病児・病後児保育、休日保育制度、緊急一時保育制度などのまとめ keyboard_arrow_right 中野区の年末保育・休日保育、子どもショートステイ・トワイライトステイ、病児・病後児保育などのまとめ keyboard_arrow_right 杉並区の緊急一時保育、一時保育、ふれあい保育、病児・病後児保育、子どもショートステイまとめ keyboard_arrow_right 北区の一時預かり保育、休日保育、緊急保育、病児・病後児保育(施設型)、年末特別保育のまとめ keyboard_arrow_right 荒川区の一時預かり、一時保育、緊急一時預かり、病児・病後児保育、乳幼児ショートステイ、ショートステイ事業まとめ keyboard_arrow_right 板橋区の一時保育、病児病後児保育、乳児ショートステイ、ショートステイ・トワイライトステイ事業まとめ keyboard_arrow_right 練馬区の一時的保育、乳幼児一時預かり、病児・病後児保育、ショートステイなどのまとめ keyboard_arrow_right