プロのベビーシッター・病児保育の会社を検索して一括見積もりできる
ベビーシッターとは?

ベビーシッターとは別名「家庭訪問保育」と言われ、その名のとおり、ご家庭などに訪問のうえお子様の保育を行う職業になります。日本では共働き世帯が増えたことをうけて、近年は利用者が増加傾向にあります。ベビーシッターはベビーシッターサービス会社と雇用契約を結んでいます。利用者の要望に応じて、コーディネータと呼ばれる方がどのベビーシッターに担当になってもらうかなどを調整しています。また、ベビーシッターサービス会社は雇用しているベビーシッターに対して、定期的な保育研修やマナー研修を行っており、対応品質の向上と平準化に努めています。最近は個人のベビーシッターと利用者を直接マッチングするサービスが登場していますが、プロのベビーシッターサービス会社はコーディネータが介在することによって、利用者の要望を汲み取り、柔軟に応えることができることがポイントです。


どのような方がベビーシッターになっているの?

ところで、どのような方がベビーシッターをされているのでしょうか?お子様を預けるとなれば、少し不安になってしまう方も多いですよね。実は、ベビーシッターには保育士や幼稚園教諭のような国家資格はありません。しかし、公益社団法人全国保育サービス協会の調査によれば、ベビーシッターのうち約80%が保育士資格を、約70%が幼稚園教諭資格を保有しており、一定の専門性を保有している方が多いようです。また、年齢も40代以上が6割となっており、1度子育てをご経験された方々が多数となっています。

公益社団法人全国保育サービス協会 ベビーシッターの上手な利用法

ベビーシッターは原則、利用開始前に事前面談があります。依頼する前に保育方針や、ベビーシッターとの相性確認を行うためです。いくら専門性を保有していても、一対一の保育ですから、お子様と合う合わないは必ず出てきます。もちろん、途中から担当を変更してもらうことは可能ですから、その際は気軽に相談したほうがよいでしょう。


ベビーシッターの利用シーン

ベビーシッターを利用するシーンは様々ですが、基本的には定期利用とスポット利用の2パターンがあります。

定期利用の場合は、毎週1回、隔週で1回など、頻度や曜日を決めて依頼しているケースが多いようです。決まった曜日に仕事が遅くなりがちである、定期的に羽根を伸ばしたいといった場合に、利用されています。

スポット利用で多いのは、急な残業で保育園にお迎えにいけない場合や、お子様が発熱などして保育園に預けられない場合です。また、お休みの日にベビーシッターにお子様を任せて、休日をのんびり過ごすという使い方もあるようです。もちろん、定期利用しながら、追加でスポットの利用をされるケースも多いです。

このように、ベビーシッターは保育園と組み合わせることによって、ご家庭やお仕事にゆとりをもたらし、自分らしい生活を送る手助けとなっています。

より詳しい活用方法はこちらをご覧ください。
ベビーシッターの利用シーンは?


ベビーシッターができること、できないこと

ベビーシッターはお子様を預かっている間は、保育園と同じく、家の中で遊んだり、お昼寝をしたり、おやつをあげたり、おむつを替えたりなど、様々なことをしています。もちろん、希望すれば安全配慮のうえで公園で遊んだりもできますし、習い事教室への送迎も可能です。

ただし、たとえば病児保育や家事については、ベビーシッター会社各社によって対応方針が異なるため確認が必要になります。会社によっては上述したような通常の保育のみを提供し、病児や家事には対応していない場合もあります。また、病児対応といっても、おおむね治ったあとの病後児は可能だけれど、治る前の病児は受けいれられないというケースもあります。疾病の種類によっても、受付可能・不可能に差が出ます。家事については、料理、掃除、沐浴など一通り対応する場合もあれば、料理はあくまでも調理済みのものを温めるのみというケースもあります。

より詳しくは、こちらをご覧ください。
病児保育も対応しているの?


このように、ベビーシッターは各家庭のライフスタイルによって、利用方法や会社の選び方が少しずつ変わってきます。まずは気になった会社の資料請求を通じて、各社の理解を深めてみましょう。その中で、家事も任せたい、お子様が病気になったときは自分が世話をしてあげたいなど、取捨選択しながら決めていかれるのがよいと思います。

ベビーシッターについてもう少し詳しく知る

ベビーシッターとは? keyboard_arrow_right ベビーシッターはどんな状況で使われるの? keyboard_arrow_right ベビーシッターは当日、明日など急な依頼も可能なの? keyboard_arrow_right ベビーシッターは病児も対応できるの? keyboard_arrow_right ベビーシッターには家事も同時にお願いできるの? keyboard_arrow_right ベビーシッターの利用には割引制度があるの? keyboard_arrow_right キッズラインなどのベビーシッターマッチングサイトとの違いは? keyboard_arrow_right ベビーシッターサービスの利用手順は? keyboard_arrow_right ベビーシッターの利用には助成制度があるの? keyboard_arrow_right ベビーシッター会社を決めるまでの手順 keyboard_arrow_right 渋谷区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 千代田区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 足立区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 文京区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 文京区のベビーシッター割引補助制度についてまとめ keyboard_arrow_right 北区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 台東区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 調布市のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 調布市のシングルマザー向けの病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 豊島区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 港区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 新宿区のベビーシッター・産後ケアの助成についてまとめ keyboard_arrow_right 港区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 中央区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 新宿区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 文京区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 墨田区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 品川区の一時保育・病児・病後児保育・こどもショートステイ・ファミリー・サポート事業まとめ keyboard_arrow_right 目黒区の一時保育・緊急一時保育・病後児保育事業まとめ keyboard_arrow_right 大田区の一時預かり事業、緊急保育室・緊急一時保育、病児・病後児保育、ショートステイ・トワイライトステイ・休日デイサービス事業まとめ keyboard_arrow_right 世田谷区の緊急保育、一時保育、休日・年末保育、24時間対応型一時保育、病児・病後児保育まとめ keyboard_arrow_right 渋谷区の病児・病後児保育、休日保育制度、緊急一時保育制度などのまとめ keyboard_arrow_right 中野区の年末保育・休日保育、子どもショートステイ・トワイライトステイ、病児・病後児保育などのまとめ keyboard_arrow_right 杉並区の緊急一時保育、一時保育、ふれあい保育、病児・病後児保育、子どもショートステイまとめ keyboard_arrow_right 北区の一時預かり保育、休日保育、緊急保育、病児・病後児保育(施設型)、年末特別保育のまとめ keyboard_arrow_right 荒川区の一時預かり、一時保育、緊急一時預かり、病児・病後児保育、乳幼児ショートステイ、ショートステイ事業まとめ keyboard_arrow_right 板橋区の一時保育、病児病後児保育、乳児ショートステイ、ショートステイ・トワイライトステイ事業まとめ keyboard_arrow_right 練馬区の一時的保育、乳幼児一時預かり、病児・病後児保育、ショートステイなどのまとめ keyboard_arrow_right