プロのベビーシッター・病児保育の会社を検索して一括見積もりできる
ベビーシッターはどんな状況で使われるの?

ベビーシッターは具体的に、どういう理由が使われているのでしょうか?利用したことが無い方にとっては、なかなかイメージが湧かないかもしれません。そこで、本記事では、公益社団法人全国保育サービス協会が国内のベビーシッター事業の実態調査の結果をまとめた「ベビーシッターNOW」をもとに、紐解いてみたいと思います。

公益社団法人全国保育サービス協会 - ベビーシッターNOW


利用理由

107名に対するアンケート(複数回答可)の結果を見ますと、1番の理由は「残業時(39名、36.4%)」でした。保育所にお迎えに行かなければいけないけれど、どうしても打ち合わせがある、どうしてもこの日に締め切りの仕事があるなどの理由で、ご利用されている方が多いようです。
次に多いのが、「通常の勤務時(27名、25.2%)」となっています。これは、たとえば時短勤務ではなくフルタイムで働きたい方が、毎日の保育園の送迎もしくはどちらかをベビーシッターに依頼しているケースが考えられます。確かに、ベビーシッターは料金がかかりますが、フルタイムで働くことで収入が増えてカバーできますから、キャリアを積んでいきたい方にとっては合理的な選択になるかもしれませんね。
その次が、「子供が病気のとき(19名、17.8%)」と「自分の自己実現や社会参加のため(18名、16.8%)」でした。お子様が病気になるとどうしても保育園に預けられません。一方で仕事をお休みするのが難しいタイミングもあります。病衣保育はベビーシッターサービスの人気ジャンルの1つですね。自己実現や社会参加は、おそらくは余暇活動やボランティアなどではないかと思われます。お子様がいらっしゃるからといって、たとえば会社の飲み会や趣味などの活動を我慢してしまうと、親の自分らしさを残ってしまいます。息抜きの目的も含めて、気軽にベビーシッターを使えるとよいですね。

他にも、早朝、夜間の勤務や、休日出勤時の対応など仕事に関わる依頼のニーズが多ようです。多くのベビーシッターサービスは休日、深夜帯にも対応していますので、サービス業、医療、福祉などの分野で働かれている方も活用可能です。また、冠婚葬祭への参加も理由として挙げられています。最近は式場にイベント保育が併設されているケースも見かけますが、まだまだ少数派ですから、ご自宅でベビーシッターにお願いすることもあるのでしょう。


利用頻度

同調査では利用頻度についても調べています。全体としては、「1週間に2~3回(42名、39.3%)」、「1週間に1回程度(22名、20.6%))」「1ヶ月に2~3回(17名、15.9%)」がボリュームゾーンとなっています。こう見ると、意外と回数が多く感じるかもしれませんね。定期利用者に絞ると、57.6%が「1週間に2~3回」と答えています。一方で一時的な利用者は41.4%が1ヶ月に2~3回と答えていますから、活用スタイルは二極化するようです。
一方、これだけ利用すると料金がかさむのではないかと不安になる方もいらっしゃるのではないかと思います。同調査は1ヶ月あたりの平均利用料金も公表していまして、多いのは「1万円~3万円未満(37名、34.6%)」「3万円~5万円未満(19名、17.8%)」「1万円未満(13名、12.1%)」となっています。勤務先が加入している福利厚生サービスや、自治体の助成を活用することで利用料を減額することもできますので、活用してみるとよいでしょう。

割引制度って?

最初は少ない回数から始めたけれど、利便性が高いので、だんだんと利用回数が増えてくるということもあるでしょう。少しずつ使いながら、便利だと思ったらあとはご予算と相談して上限を決めていかれるのがよいのではないでしょうか。


時間帯

最後に時間帯です。母数96名に対して利用開始時間は「17時~19時(38名、39.6%)」が最も多く、ついで「15時~17時(14名、14.6%)」「13時~15時(11名、11.5%)」となっています。やはり、夕方の保育園のお迎えの時間帯が1番多いのと、お昼過ぎの時間帯は幼稚園のお迎えではないかと思われます。利用終了時間は「17時~19時(29名、30.2%)」「19時~21時(29名、30.2%)」が同数でもっとも多く、親が帰宅する時間帯まで見てもらっているケースが多いようです。


このように、ベビーシッターは特に子育てと仕事の両立においてよく活用されているようです。使ったことが無い方からしてみれば、ベビーシッターサービスはなかなかハードルが高いかもしれませんが、1度試しに使ってみて、便利だったら定期利用をしてみるのもよいでしょう。実際に、定期利用されてる方はヘビーユーザーになることも多いようですから、それだけ利便性が高いということだと思うのです。

ベビーシッターについてもう少し詳しく知る

ベビーシッターとは? keyboard_arrow_right ベビーシッターはどんな状況で使われるの? keyboard_arrow_right ベビーシッターは当日、明日など急な依頼も可能なの? keyboard_arrow_right ベビーシッターは病児も対応できるの? keyboard_arrow_right ベビーシッターには家事も同時にお願いできるの? keyboard_arrow_right ベビーシッターの利用には割引制度があるの? keyboard_arrow_right キッズラインなどのベビーシッターマッチングサイトとの違いは? keyboard_arrow_right ベビーシッターサービスの利用手順は? keyboard_arrow_right ベビーシッターの利用には助成制度があるの? keyboard_arrow_right ベビーシッター会社を決めるまでの手順 keyboard_arrow_right 渋谷区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 千代田区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 足立区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 文京区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 文京区のベビーシッター割引補助制度についてまとめ keyboard_arrow_right 北区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 台東区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 調布市のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 調布市のシングルマザー向けの病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 豊島区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 港区のベビーシッター・病児保育の助成についてまとめ keyboard_arrow_right 新宿区のベビーシッター・産後ケアの助成についてまとめ keyboard_arrow_right 港区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 中央区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 新宿区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 文京区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 墨田区の一時保育・保育サポート・ショートステイ・ベビーシッター事業まとめ keyboard_arrow_right 品川区の一時保育・病児・病後児保育・こどもショートステイ・ファミリー・サポート事業まとめ keyboard_arrow_right 目黒区の一時保育・緊急一時保育・病後児保育事業まとめ keyboard_arrow_right 大田区の一時預かり事業、緊急保育室・緊急一時保育、病児・病後児保育、ショートステイ・トワイライトステイ・休日デイサービス事業まとめ keyboard_arrow_right 世田谷区の緊急保育、一時保育、休日・年末保育、24時間対応型一時保育、病児・病後児保育まとめ keyboard_arrow_right 渋谷区の病児・病後児保育、休日保育制度、緊急一時保育制度などのまとめ keyboard_arrow_right 中野区の年末保育・休日保育、子どもショートステイ・トワイライトステイ、病児・病後児保育などのまとめ keyboard_arrow_right 杉並区の緊急一時保育、一時保育、ふれあい保育、病児・病後児保育、子どもショートステイまとめ keyboard_arrow_right 北区の一時預かり保育、休日保育、緊急保育、病児・病後児保育(施設型)、年末特別保育のまとめ keyboard_arrow_right 荒川区の一時預かり、一時保育、緊急一時預かり、病児・病後児保育、乳幼児ショートステイ、ショートステイ事業まとめ keyboard_arrow_right 板橋区の一時保育、病児病後児保育、乳児ショートステイ、ショートステイ・トワイライトステイ事業まとめ keyboard_arrow_right 練馬区の一時的保育、乳幼児一時預かり、病児・病後児保育、ショートステイなどのまとめ keyboard_arrow_right